安蔵寺山

山岳密教の伝説も伝わる、島根県の最高峰(標高1263m)。

安蔵寺山(あぞうじやま)
安蔵寺山(あぞうじやま)

 

安蔵寺山(あぞうじさん)は貴重なブナの原生林が現存する島根県の最高峰(標高1,263m)です。
推定樹齢600年以上のミズナラの巨木(ナラ太郎)や6月頃に見頃をむかえるヤマツツジなどは見応えがあります。
その他、ヒヨドリやホオジロ、セキレイなどの野鳥観察も楽しめます。

安蔵寺山での森林浴で疲れた心身をリフレッシュしませんか?
登山口となる奥谷駐車場には大型駐車場、トイレが完備されています。

・安蔵寺山のイベント

4月 3ルート登山会

5月後〜6月初め
ブナ林自然観察会

10月後半〜11月初め 自然観察会(キノコ学習会)   など

・説話『なれあい観音』〜奥谷駐車場にある観音様〜

昔、修業中のお坊さんが大雪に閉ざされた安蔵寺山に閉じ込められてしまいました。
食べる物も無く、餓死寸前のお坊さんの前に一匹の鹿が現れました。
お坊さんはこの鹿の肉を食べることで生き延びることができました。
実はこの鹿は観音様の化身で、信仰心の厚いお坊さんのために自らの肉を分け与えたのでした。

 

 JR山口線日原駅から自動車で約1時間。
国道187号線→左鐙地区(看板あり)→
杣の里よこみち→奥谷登山口駐車場

・登山ルートとみどころ

日原ルート(奥谷登山口駐車場)

ブナや天然スギの原生林の中を通る片道約5km、標高差約497m,所要時間約3時間のルートです。
ブナや野草、野鳥などの自然観察を行うには最適です。山頂からは、東から南へ、恐羅漢山、十方山、冠山、羅漢山、小五郎山など西中国山地の山々の大パノラマが望めます。澄み切った日には瀬戸内海を飛び越えて雲海の中から四国・石鎚山系の峰々が現れます。

七日市ルート(上高尻登山口)

このルートは3つのルートの中で最も眺望が良く西中国山地の山々を望みながら登ることができ、8合目付近の小安蔵寺のクマザサ原からの眺望は抜群です。片道2km,標高差700m,所要時間2時間のルートです。

匹見ルート

伊源谷から安蔵寺山頂にかけて不伐の森がありブナや天然スギの原生林が広がっています。
片道3km,所要時間2時間30分のルートです。

         ・モデルコース(PDF) →   road map

 

・ガイド(自然観察指導員)の申込み
料金の目安:ガイド1名につき8,000円程度
にちはら自然の会(事務局:日原天文台)
TEL 0856-74-1646

・お問合わせ

にちはら自然の会(事務局:日原天文台) TEL 0856-74-1646

 

にちはら自然の会

代表 平野均より

安蔵寺山は西中国山地国定公園の西端部に位置し、島根県内では3番目に高く県境を接しないものとしては最高の1,263mです。
奥谷駐車場から山頂を目指す登山道は、貴重な植物も多く一級の保護区となっています。
登山道のほとんどがミズナラやブナ、カエデなどの広葉樹の森の中を進んで行き、ゆっくり自然を満喫できる近年大変人気のルートになっています。
安蔵寺山は貴重な自然の残る山塊です。水・大気・木々が皆様をお迎えいたします。どうぞお越しください。