青野山

津和野八景に数えられる、四季折々の表情ゆたかな山。

青野山

青野山

青野山は標高907mの丸い山で、頂上からの見晴らしは絶景です。
その女性的な容姿から「妹山」とも呼ばれています。
津和野八景に数えられるこの山は四季を通じて多くの人に親しまれてきました。
どこから見ても同じ形に見える為、GPSが登場する以前は漁師たちが山立てに使っていました。
また、古墳時代には渡来人たちが日本に来航する際の目印として使っていたと言われています。

 

JR山口線津和野駅から自動車で約15分。
国道9号→→県道226号→→笹山登山口

 

・登山ルート

駐車場から案内看板に従って進む。
頂上まで片道約1時間半、往復約2時間半。

・モデルコース(PDF) → aonoyama

 

津和野ボランティアガイドの会 副会長
永田愿より

青野山は噴火せずに盛り上がってできた日本でも珍しい山であると考えられます。風穴が数か所あることに加え、笹山には湧水が出ており、町の水源地となっています。年間登山者数は800~1000人に及びます。登山をされる際は駐車場のある笹山登山口から登られることをお勧め致します。山頂から360度の展望をお楽しみください。