大元神社跡のクスノキ(島根一・大きな樹)

島根県の天然記念物に指定されている、周囲12.5m、樹高31m、樹齢450年以上、県内一の大きさを誇る巨木です。
第二次世界大戦中、薪にされるはずでしたが、県民の嘆願により事なきを得て今も元気に育っています。
唯一残る大元神社跡の鳥居から眺める樟の木は、訪問される皆様にパワーを与えてくれるでしょう!

JR山口線日原駅から自動車で約10分。
国道9号線→→道の駅シルクウェイにちはら(山口方面へ約500m)→→左折(看板目印)→→大元神社跡

お問い合せ/(社)津和野町観光協会 TEL 0856-72-1771

 

津和町役場 建設課
斎藤隆司より

このくすのきは、樹齢約470年、目通り周囲11m、高さ33mの元大元神社跡の神木で、県内一の大きさを誇り、島根県の天然記念物に指定され、つつみだ集落の中央部に堂々とそびえ立っています。
近年訪れた方々からは『パワースポット』との声も多く聞かれ、また、平成14年からくすのき周辺に集落の一員となりました可愛いヤギを放牧しており、県内外より多くの観光客が訪れています。