ようこそ、冒険の入り口へ。

島根県の西端に位置する津和野町。ここは、700年の城下町としての町並みや、清流日本一の高津川、美しい星空など、豊かな自然がいっぱい。さまざまなスポットや人々が育んだ、とびっきりのグリーンツーリズムをご紹介します。
安蔵寺山の原生ブナの木の大木をぐるり!

安蔵寺山の原生ブナの木の大木をぐるり!

おばあちゃん先生の指導のもと、小さな画伯たちが腕前を披露!

おばあちゃん先生の指導のもと、小さな画伯たちが腕前を披露!

みんなで育てた野菜を収穫!

みんなで育てた野菜を収穫!

にちはら天文台から見られる本州一の星空

にちはら天文台から見られる本州一の星空

これぞ究極の泥んこ体験!京村牧場の田植え

これぞ究極の泥んこ体験!京村牧場の田植え

中国山地屈指の深山、安蔵寺山の春を巡る。

中国山地屈指の深山、安蔵寺山の春を巡る。

つつじが咲き誇る麓耕で、鯉のぼり

つつじが咲き誇る麓耕で、鯉のぼり

青野山の裾野、麓耕での石見神楽大会

青野山の裾野、麓耕での石見神楽大会

京村牧場を流れる小川で

京村牧場を流れる小川で

 

 

皆さん、「早乙女」さんってご存知ですか?名前は知っていても、どういう意味かは分からないという方が大半ではないでしょうか?

「早乙女」さんというのは水田に稲の苗を植える女性のことで、神様に奉仕する神役とも言われています。
実はこの度、津和野町名賀地区の水田で日本五大稲荷の一つである「太皷谷稲成神社」に奉納するお米の苗を植える「早乙女」さんを特別に観光客の方の中から募集することになりました!

事前に田植えの方法についてご説明致しますので、田植えの経験がない方でも大丈夫です!もちろん「早乙女」さんの衣装もこちらでご用意致します!「早乙女」さんの衣装は女性限定ですが、お田植えには男性やお子さんもご参加いただけます。ご家族・お友達同士はもちろん、個人の方でも参加OKです!5/5(祝)の限定企画になりますので、この機会に是非お申込みくださいませ!

■開催日時: 平成26年5月5日(祝) 8:30~13:00頃

■申込み〆切:平成26年4月17日(木)
■定員:10名

■最少催行人数:2名
■集合場所: 太皷谷稲成神社(8:30)
■参加費: 女性(中学生以上)…税込2,268円(税抜2,100円)  ※着付け代・保険料・弁当代含む

       男性及び小学生以下の児童…税込756円(税抜700円) ※保険料・弁当代含む
■行程: 太皷谷稲成神社にて着付け・神事 → 名賀地区の水田でお田植え → 現地で昼食 → 現地解散

※男性及び小学生以下のお子様には衣装がございませんので、田植えができる服装をご用意ください。

太皷谷稲成神社で着付けと神事を行った後はお客様のお車で水田まで移動して頂きます。(係の者が水田まで誘導します。)

■お問合わせ・お申込:一般社団法人津和野町観光協会観光部 TEL0856-72-1771

■企画:一般社団法人津和野町観光協会

■協力:名賀地区の皆さん・太皷谷稲成神社

 

10/20(日)に、なよし農業小学校の授業が行われました!

農業小学校のある名賀地区は7月末の水害で大きな被害を受けてしまい、農業小学校自体も従来の場所で授業を行うことが困難になってしまいました。

ですが、こんなことでめげている訳にはいきません!授業会場を旧・名賀小学校に移し、授業を再開しました!

今回の授業は実際に災害が起きたと仮定して、今あるものだけを使って調理をしようという試み!

山から枝を拾って来て燃料に使い、カップやアルミ缶を使って野菜を切ります。

そして完成した豚汁の美味しいこと!みんないっぱい食べたのでお鍋は空になってしまいました。(^ ^)

午後は水害で汚れた備品の洗浄と、資材の撤去作業。みんな泥だらけになりながら、頑張りました!

最後は旬の柿をおやつに頂きました!みんな、協力ありがとう!

 

今年もいよいよ、安蔵寺山でのキノコ学習会の季節がやってきました!

紅葉美しい安蔵寺山で旬の味覚を楽しみませんか!?。≠( ̄~ ̄ )

当日は講師の先生をお招きして、キノコの見分け方などを講義頂きます。

ご家族・お友達同士はもちろん。お一人様でのご参加もOKです!

是非、お申し込みください!(^ ^)

会場:安蔵寺トンネル匹見側周辺

参加料:大人1000円 中学生以下500円

申込:津和野町教育委員会日原窓口 TEL0856-74-0021

主催:(社)津和野町観光協会・津和野町教育委員会・日原中央公民館

共催:にちはら自然の会・安蔵寺山の大ミズナラ保全協議会・益田やまびこ会

詳細は下記のPDFをご覧ください。

 H25kinoko.pdf

 

今年も7/26(金)に2泊3日でサブミ夏合宿が開催されました!

会場は『杣の里よこみち』で町内外から約30名の子供たちが集まりました。

一足先にやってきた左鐙地区の子どもたちは昼食作りをお手伝い!一生懸命、火を起こします!

火起こしを頑張っていると、食堂の方から何やらいい匂いが…。一斉に覗きに行く子供たちが可愛い!

午後2時になると町外の子供たちが続々到着!中には東京から電車で一人でやってきた子も!?(゚∀゚)

都会の子たちはカブトムシや蛇の抜け殻に興味心身です。

開会式では、左鐙地区ご出身の下森町長が激励の御挨拶に来て下さいました!

最初は緊張気味だった子供たちもアイスブレイクのゲームを通じて、みんな仲良しに。(^ ^)

お次は、みんなお目当てのヤマメのつかみ取り!川に入っていざ、スタート!100匹のヤマメを前にして誰が一番多く捕まえられるかな?素早いヤマメに悪戦苦闘する子供たちでした。(;^ω^A

最後は集中豪雨の影響で流れ開散になってしまいましたが、怪我をした子もなく、無事終了となりました。

来年もまた来てね!

 

6/30(日)にホタルとアジサイの里・畑迫地区でアジサイウォークが開催されました!

今年も町内外から約40名ほどの方が参加され、のどかな田園風景を彩る紫陽花の群落を楽しまれました。

今年はお子さんの参加が多い!みんなはしゃぎながらウォーキングを楽しんでいました。

ウォーキング終了後は皆でお汁粉とかき氷を頂きました! (*´~`*)

7月上旬ごろまでは見頃ですので、皆様も津和野にお立ち寄りの際は是非、畑迫地区にお越しください!(^^)

 

6/22(土)左鐙公民館で毎年恒例の左鐙・ちょい・ホタ鑑賞が行われました!

今年は町内外から多くのお客様がお越しになりました。岡山県からはなんと40名も! Σ(・ω・ノ)ノ!

当日は左鐙地区ご出身の下森町長ご夫妻も仲良く参加されていました。(^^)

みんな、京村牧場の美味しい牛肉を使ったバーベキューに舌鼓を打ちながら、可愛らしい子供神楽を堪能しました。

残念ながら、ホタルの数はちょっぴり少なめでしたが、「ちょい・ホタ・鑑賞」なので、まぁいいか! (;^ω^A

 

6/1(土)、さぶみ牧童探検隊が田植えに挑戦しました!

今回は町外から多くの子供たちが参加してくれました。

みんなで一斉に等間隔に稲を植えていくんだけど、ペースの早い子がチラホラ…。

あまり先行しすぎると間隔がズレちゃうぞ!(゚Д゚;)

田んぼの中にはイモリがたくさん!

怖がりながらも興味津々な子供たちが印象的でした。(^ ^)

 

今年も6/15(土)に畑迫地区でほたる祭りが開催されます!

当日は津和野太鼓の演奏や、生ビール、焼き鳥、焼きそば、たこ焼き等の屋台の出店もあります!

是非、この機会に田舎ののどかな風物詩をお楽しみください。

 

 

 

開催日時:6/15(土) 17:00~20:00頃

会場:旧・畑迫小学校

お問い合わせ:畑迫公民館 TEL 0856-72-2119

詳細は下記PDFをご覧ください。

hotarumatsuri.pdf

 

『津和野の宵はホタルの乱舞!』

今年もホタルバスツアーが実施される季節になりました!

昼に山陰の小京都をご堪能頂いた後は、夜に畑迫地区で幽玄なホタルの舞をお楽しみください!

本年度は6/8(土)~6/23(日)の期間、金・土・日曜日限定で運行致します。

 

 

乗車料金は大人600円、小学生300円です。

バス停や時刻表等の詳細は下記PDFをご覧ください。

H25 hotaru .pdf (『特別企画 星空の下に舞うホタルバスツアー』は定員に達しました)

このホタルバス以外にも、6月の津和野町では畑迫地区のほたる祭りや左鐙地区のほたる鑑賞会など、ホタルイベントが目白押しです。

是非ご参加くださいませ!(^ ^)

 

 

ツツジの花が奇麗に色づく季節になって参りました!

今年のGW(5/3~5/5)も津和野町麓耕地区で恒例の「つつじ祭り」を開催致します!

地域の皆さんが丹精込めて育てたツツジの花を是非ご覧ください。

のどかな田園風景や鯉のぼりとのコントラストも見ごたえがありますよ!

 

★当日は神楽公演や物販もあります。

★お祭り期間外でも見学は可能です。

★雨天中止

期間:5/3(金)~5/5(日) 11:00~15:00

会場:麓耕地区(JR青野山駅周辺)

問合せ先:一般社団法人津和野町観光協会観光部 TEL0856-72-1771